2005/04/12 アレッポの石鹼 千年を越えて・・・
今から約1000年前、雅な平安時代の日本から遥か遠い地中海地方ではアラブ・イスラム世界が繁栄していました。
アレッポもシルクロードと地中海を結ぶ交易地として、大いに賑わい、世界中から多くの商人が訪れていました。
スーク(市場)は栄え、キャラバン・サライ(ラクダ商隊の宿)にもたくさんの商人が集い、アレッポの特産品のひとつとして石鹸も高い人気を博していました。
15世紀には、オスマン帝国の首都へ年間500トンもの石鹸が輸出されていたことが記録に残されたいます。
17世紀に入ると、ヨーロッパの商人たちによって石鹸づくりのノウハウが持ち帰られ、ヨーロッパにも石鹸ブームが興りました。
そして、さまざまな時代を経てきた今日。
営々と伝統を守り、つくり続けられてきたこの石鹸は、
アラブ・イスラム圏、ヨーロッパのみならず海を越えて広がっています。

アレッポの石鹸は3昼夜釜で焚き、ゆっくりとつくられ始めます。
釜で焚いてからひとつひとつ積み上げられ、
最初は緑色の表面が徐々にアメ色に変わっていき、1〜2年の熟成期間を経ます。

原料のオリーブ・オイルとローレル・オイルの原産地であることはもちろんのこと、乾燥した空気のもとで成熟されていくこの製法も、地中海からの風と砂漠の熱風が出会うこの地方独特の気候だからこそできることなのです。

アレッポの石鹸は、アレッポを代表する石鹸メーカー、アデル・ファンサ社でつくられています。


アレッポの石鹸は2タイプ
どちらも原料のオイルは、地中海地方原産のオリーブオイルとローレルオイル違いはオイルの比率で、製法は同じです。
添加物や香料は一切使われていません。
昔ながらの釜焚きですので、石鹸をつくったときにできるグリセリンがたっぷり含まれています。

ノーマル・タイプ
オリーブオイルをふんだんに使用したスタンダードタイブの石鹸です。
オリーブオイルは人の肌とよく似た組成をもつオレイン酸を多く含んでいます。
そのため、汚れを落としつつも脂肪酸を補うので、洗い上がりのお肌になめらかな潤いを残します。
また、スクワレンなどの成分も含まれていますので、お肌を健康に保ちます。
デリケートなお肌の方におすすめな伝統的な石験です。
使用オイルの比率:オリーブオイル90:10ローレルオイル

NEW・エキストラ40
原産地である地中海沿岸でも希少なローレルオイルを贅沢に40%使用した石鹸です。
ローレルオイルは強壮・消毒・消臭・フケ取りなどに効果があると言われています。
その洗い上がりはサッパリとして爽快感は独特です。
また、ウッディーな(森林浴をしたかのような)香りも特徴。洗髪にもとても適した石鹸です。
使用オイルの比率:オリーブオイル60:40ローレルオイル


アレッポの石鹸で髪を洗う
アレッポの石鹸で「髪を洗う」と聞くと、「エッ、固形石鹸で…」と思う方もいらっしゃるでしょう。
髪の毛もお肌と同じタンバタ質。なめらかな潤いを残してくれることに変わりありません。
特に「エキストラ40」はローレルオイルがたっぷりと使われていますから、その香りとサッパリ感はまた格別です。

カを入れずに、頭髪の上で滑らすように回してみてください。きめ細かな泡が立ってきます。なかなか泡立たなくても、2度洗い目には立ってきます。

そして、頭皮を指先でマッサージ。
すすぎは大切です。丁寧に。
髪の毛のキューティクルなどを損なうことなく洗えるので、
髪が本来持っている自然のツヤを与えます。

髪の毛がすでに傷んでいる方の場合(主に髪が細くなってます)、すぐに本来の状態なれず、石鹸が髪になじむまで、
しばらくかかることがありますが、ぜひ続けてみてください。きっとツヤのある髪に戻ることと思います。




3つの大事な事
1.原料
オリーブオイルを原料にしている事。

オリーブオイルはオレイン酸を多く含み、人の肌の脂肪酸とよく似た組成をしています。
それゆえ、汚れを落しつつ脂肪酸を補うという、
2つの効果があります。これが洗い上がりのお肌に滑らかな潤いを残してくれる理由です。

2.製造方法
アレッポの石鹸は古くからの伝統的な手法を頑固に守り抜き、
釜で3昼夜もの間、熱を加えながら練り上げます。
オリーブオイルはゆっくりと石鹸になっていくのです。
シリアではこの過程をクッキングと呼び、
時には口に含み、味をみるように作っていきます。
料理をするように丹精をこめて、作られているのです。
もちろん添加物や合成香料は一切使用していません。

3.熟成の方法
できあがった石鹸は風が心地よく流れる室内で
自然乾燥にさらされます。
始めは深緑色の石鹸の表面が、
乾燥につれ徐々にアメ色に変っていきます。
そして石鹸の内部ではゆっくりとした反応の熟成が進みます。
この熟成期間は2から3年が最適とされています
2004/12/18 Back in Tokyo. ホノルルから帰ってきて4日目
14日火曜日にハワイから東京に帰ってきました。
お昼に成田空港に着陸して、リムジンパスで新宿に着いてから山手線で仕事に直行・・・
仕事に復帰した第一日は講義→講義のはしご→学生との忘年会で全てが終わったのは午後11時半。TACには閉館時間の11時40分に到着。
お土産のマカデミアナッツチョコレートをTACから出てきた友達にあげました。

18日、土曜日の仕事はイベントの司会。後3分で始まるので行ってきま〜す。
2004/12/04 HPのオープン
今日は仕事の後家に帰ってきてから、早速HP作成をはじめる。プロバイダーが用意しているtemplateが優れもので思っていたよりもすぐにHPを立ち上げることが出来た。
普段ならジムに行くところだけれど、今晩は雨が降っているからどうしようかなぁ?
多分このまま家にいて、石鹸作ったり美肌水作ることにしよう。

Copyright (C) 2003 paperboy&co. All Rights Reserved.